危険なハチやしつこい南京虫駆除は専門業者に依頼

男女

蜂の駆除の方法

白蟻

種類を確認しましょう

春から秋にかけて、ハチの活動期がやってきます。これに伴い、蜂の巣に悩む人が増えてきます。日本ではアシナガバチ、ミツバチ、スズメバチの三種類がよく見かけられ、一般的に退治の対象になっています。これらのハチは巣が直径15センチ位の小さいうちは、家庭で退治することも可能です。しかしこれより大きくなると専門業者による退治の方が安全で確実だと言えます。蜂の巣を見つけた場合や、たくさんの蜂が飛んでいるのを見受けられた場合には、落ち着いてどんな種類の蜂か確認することが大切です。蜂を見つけたからといってむやみにこちらから攻撃すると、当然蜂も反撃してきます。スズメバチ以外はこちらから攻撃しない限り、反撃してくることはありません。

巣を駆除する前に

家庭で蜂の巣を退治することができるのは、小さなサイズの蜂の巣で、手の届く範囲の距離に作られていることが挙げられます。また、蜂が巣に戻っている夜の時間帯を狙い、厚手の長袖長ズボンの防護をすることも肝心です。殺虫剤選びも必要です。しかし、大きめの巣だったり、スズメバチの巣、手が届かないところに作られた巣などの場合には迷わず専門業者に退治を依頼することがベストです。刺された場合アナフィラキシーショックの例もありますので、命にも関わってきます。たかがハチ、と侮らず、用心しておくに越したことはありません。また、住んでいる自治体によってはハチの駆除を行ってくれるところ、防護服を貸し出してくれるところもあります。