危険なハチやしつこい南京虫駆除は専門業者に依頼

男女

危険を減らす取り組み

蜂

巣を発見するのがポイント

昆虫の活動が活発になる春ごろ、ハチに刺されたというニュースが多くなってきます。まず知っておきたいのは、ハチは種類ごとに特徴があり、危険性も異なるという点です。非常に危険とされるのがスズメバチで、アシナガバチとミツバチはおとなしい種類に入ります。このほか、クマバチのように見分けやすい種類もいますが、基本的におとなしく、刺される危険が少ない種類です。共通するのは巣があるということで、ハチにとっては存続を左右する大切な拠点です。つまり、根本的な解決を目指す退治の場合、拠点である巣を叩くのがもっとも効果的といえます。ハチが飛び回っている時は、そのほとんどが採蜜や巣作りを行っている時です。一定のコースを往復するので、近づかないように行き先を調べると巣の発見に至ります。このように、まずは巣を発見するのが、素早く退治を行うテクニックとなるのです。

余裕を持つことが大切

ハチ退治は主に巣の撤去が中心となるので、1匹や2匹ではなく、大群を相手にするのが特徴です。そのため、単独で退治に取りかかるのは危険であり、チームを作って一連の作業を行うのが望ましいといえます。また、退治用のスプレーを使用しますが、噴射している最中に空になることも十分考えられるので、予備を携帯しておくと安心です。このように、ハチの退治を個人で行う場合、バックアップや念のための予備も必要な点が、大きな特徴といえます。個人で作業をするのが心配な場合は、ハチ退治を専門に取り扱う業者への依頼も可能です。この場合、確実に退治してもらえる点が特徴で、依頼者や家族と近所の安全も確保できます。特に建物が密集している地域は、検討してみると良いでしょう。